blog index

 刈茅果樹園(かるかやかじゅえん)

  〒839-1211 福岡県久留米市田主丸町森部1257-2
  Tel : 0943-72-3498
  Fax : 0943-72-1548
路地ぶどうの袋掛け終わり
本日、やっと路地のぶどうの袋掛けが終わりました。

雨の日も風の日もずっと休みなしで3ヶ月間柿とぶどうの
世話をしてきましたが一休みできます。
一休みしたら残り一ヶ月の間にぶどう狩りの開園の準備をして
気持ちよくお客様をお迎えできるようにやっていきます。
| こんな作業をしています | 20:19 | - | - |
路地ぶどうの房落とし→袋掛け
ハウスのぶどうの作業が終わったからといって
楽になるわけではありません。路地のぶどうが
待っています。

ハウスの作業と同じく、一枝に2房ならせてある
いい方を残してすべて落としてしまう房落としを
行い、玉を抜いてそれから袋掛けです。
今月中に終わることができるようにあと一頑張りです。
| こんな作業をしています | 20:09 | - | - |
ハウスぶどうの袋掛け
ぶどうの花かすが落とし終わったら袋掛けです。

でも、その前に玉抜きをします。ぶどうの玉が多いと
大きくなったときにお互いを押しつぶしあって痛んで
しまうからです。
ギチギチに詰まったところの玉をいくつか抜いて
玉が動けるくらいまで調整します。

袋掛けまで作業の工程が来るともう少しで終わりだと
がんばれます。
| こんな作業をしています | 19:00 | - | - |
ぶどうの花かす落とし
ハウスのぶどうには風がほとんどあたりません。
だからこそ品質のいい綺麗なぶどうが作れるのですが、
風があたらないことでデメリットもあります。


花の残骸や実にならなかった枯れた花が風で
落とされずに残ってしまうのです。特にハウスでは
この花かすが病気の原因となってしまうことが
あるのです。


そこでコンプレッサーを使って花かすを落として
やらなくてはいけません。ノズルの先から出る
圧縮された空気は勢いが強いのでぶどうの玉同士が
ぶつかってできる打撲をおこさないように注意深く
作業を行います。


すべての房の花かすを落としたら一安心です。
| こんな作業をしています | 17:53 | - | - |
ぶどうの房落とし
ハウスのぶどうが大きくなってきました。

一枝に2房ならせているぶどうを形のいいものを残して
落としていきます。もちろん形の悪いものが2房ついている
枝は2房とも落とします。
落としたところは地面がぶどうだらけですのでよくわかります。


4月にやったセットという作業がもれていたぶどうの房は
こんな風になっています。もちろん落とします。
| こんな作業をしています | 20:42 | - | - |
露地ぶどうの誘引とセット


何とか柿の摘蕾作業を終え路地のぶどうの作業へと
移ることが出来ました。去年よりも5日も早い進行
状況です。
しかし、今年は例年より暑い日が多いためか露地
ぶどうの生育も早くて急いで作業しないといけません。
これを読んで園主は全体の作業を急いでいたのですが
それでもギリギリの状況です。

ぶどうはセット作業(蕾の状態の房の上下をはさみで
切り、形を整えること)が間に合わず花が咲いたら
1週間もそのままだとまともに実がつきません。

雨が降ろうと体調が悪かろうと何としても終わらせます。
| こんな作業をしています | 18:29 | - | - |
柿の摘蕾(てきらい)作業
柿の蕾も大きくなりました。


柿の蕾は多いものでは一枝に6つほどつきます。
それを蕾のついている位置や上下の向きを考えて
1つだけ残して落としてしまいます。
理想は日焼けをしない下向きのあまり枝の根元では
ないものなのですが、他の枝との兼ね合いもあり
機械的にはいきません。

また、先端についている時期外れについた
小さな蕾(二番花)も落とします。



露地のぶどうの芽が伸びてくる前にこの作業を
終わらせなければなりません。
終わらなければ一旦この作業を中断してぶどうの方に
移ります。
| こんな作業をしています | 18:08 | - | - |
誘引とセット

ぶどうの芽が伸びてきてつぼみも大きくなりました。
このようになると芽をぶどう棚に青いビニルテープで
引っ張って固定します。
それが終わると一つの芽から3つほど出ているぶどうの
房の形をした蕾を2つに減らして、残った2つの房も
上の方と下の方を鋏で切って形を整えます。
上の写真が下のようになります。

これをやらないとぶどうがぶどうの形にならずにまともに
大きくなりません。

天気がいい日はビニルハウスの中は35度を越えますが、
全ての木の全ての芽にこの作業を行います。
| こんな作業をしています | 08:11 | - | - |
芽かぎ
ぶどうの芽はほとんどの場合、一箇所から二つ出ます。
これを手で摘み取って一つにします。こうすることで
伸ばしやすい芽だけを大きく育てます。

オレンジの丸で囲った芽を摘みます。


その他にも長い枝の先端の芽など、生育に影響のある芽を
摘み取って全体が順調に育つようにします。
全ての枝を行わなければいけないので意外と時間がかかります。
| こんな作業をしています | 08:40 | - | - |
芽が出る前の作業がひと段落着きました
・ハウスのぶどうの剪定
・ハウスのぶどうの誘引
 ぶどうの枝を重ならないようにぶどう棚に
 括り付けなおします。
・露地のぶどうの剪定
・露地のぶどうの誘引
・柿の剪定

柿の剪定作業の最後のあたりでは芽が膨らんできていて
時間との戦いでした。どうにか芽吹き前の作業は無事に
終わることが出来ました。

少しの間は気分的にゆっくり出来ますが、3月末からは
ハウスぶどうの芽が出てからの作業が始まります。
それから6月末くらいまでは一切休みが取れないような
一番忙しい時期になります。
| こんな作業をしています | 11:31 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>



bolg index このページの先頭へ