blog index

 刈茅果樹園(かるかやかじゅえん)

  〒839-1211 福岡県久留米市田主丸町森部1257-2
  Tel : 0943-72-3498
  Fax : 0943-72-1548
芽かぎ
ぶどうの芽はほとんどの場合、一箇所から二つ出ます。
これを手で摘み取って一つにします。こうすることで
伸ばしやすい芽だけを大きく育てます。

オレンジの丸で囲った芽を摘みます。


その他にも長い枝の先端の芽など、生育に影響のある芽を
摘み取って全体が順調に育つようにします。
全ての枝を行わなければいけないので意外と時間がかかります。
| こんな作業をしています | 08:40 | - | - |
芽が出る前の作業がひと段落着きました
・ハウスのぶどうの剪定
・ハウスのぶどうの誘引
 ぶどうの枝を重ならないようにぶどう棚に
 括り付けなおします。
・露地のぶどうの剪定
・露地のぶどうの誘引
・柿の剪定

柿の剪定作業の最後のあたりでは芽が膨らんできていて
時間との戦いでした。どうにか芽吹き前の作業は無事に
終わることが出来ました。

少しの間は気分的にゆっくり出来ますが、3月末からは
ハウスぶどうの芽が出てからの作業が始まります。
それから6月末くらいまでは一切休みが取れないような
一番忙しい時期になります。
| こんな作業をしています | 11:31 | - | - |
ハウスにビニルをはりました

ビニルハウスにビニルをはりました。
これで晴れているときには2月でも25度以上まで
温度が上がります。

ハウスの中で作業するときには汗をかくようになりました。
3月中には芽が出てくるはずです。
| こんな作業をしています | 17:20 | - | - |
ぶどうの剪定作業

来年いいぶどうを作るための作業が始まりました。
枯れた枝や不要な枝を切ってぶどうの木の形を整えます。
また、同時に巻きづるや枝をぶどう棚に固定していた
テープ等を落として綺麗に片付けます。

剪定のやり方ひとつで来年のぶどうの出来が
全く変わりますので気の抜けない作業です。
| こんな作業をしています | 20:58 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>



bolg index このページの先頭へ